あなたの会社は大丈夫?勤怠管理のあれこれ

会社組織として勤怠管理を合理化する目的でタイムレコーダーを組み入れ、勤怠管理システムで管理を実施するトレンドが強まってきています。現在、タイムカードを有効に活用するというスタイルを取っていることが…

more infor >>

就業規則にはこう書いてある!では、実際の勤怠管理は?

会社には多くの人が働いています。すべての社員の勤務管理を上司一人でするのは無理です。そこで活躍するのが、タイムレコーダーです。タイムレコーダーがあれば、社員一人一人勤務務管理ができます。遅刻が多い…

more infor >>

就業時間、残業時間はタイムレコーダーがあれば管理できる!

会社などには就業規則があり、それに従って勤務をしてもらいます。全員が勤務日の始業時に出社し、終業時に帰路についてくれるなら全く管理の必要はありません。しかし全員がきれいにそろったり終業時に帰宅する…

more infor >>

クラウドはここでも!新しい勤怠管理の方法

クラウド上で勤怠管理を行う事で、場所に関係なく一人一人の社員の勤務状況を把握可能です。タイムカードの場合、現地に行かないと把握する事ができないです。しかしクラウド上は、ネット環境が整えられていれば…

more infor >>

働き方改革の流れに合わせた勤怠管理とは?

労働基準法で、会社組織は、勤務する時間を正しく把握するなど、勤務する時間を管理する義務があります。 しかしながら今の状態では、勤務する時間の把握に関係する自己申告制の不適正運用等に呼応して、過重な…

more infor >>

タイムレコーダーの今昔

タイムレコーダーと言えば出社・退社時に昔はガッチャンっと刻印していたものですが今では電子式カードになってピッと音がするだけ。多少ガッチャンが懐かしく思えるの方はいるはずです。